日常

転調に苦しむ

投稿日:

HeungSoon / Pixabay

ブラームス交響曲1番。
今年6月の定期演奏会で演奏する予定の曲です。

私は今度はステージマネージャーをするつもりで、出演するつもりは全くなかったのです。

もちろんいつでもバリバリ弾けるのならば、余裕で出演するのですが、、、

私は初心者から始めて、まだまだ楽譜を読むのも精いっぱいで、、、
余裕など全くありません。

だから私が一番弾きたいベートーベンの第九が完璧に弾きこなせないうちはほかの曲をやっている余裕はないのです。
でも、今度は人数不足のため、どうしても出ることになりそうです。

私が出演したところで、少しでも足しになればいいのですが、、、
と思い、いざ!譜読み始めました。
と、そこまではよかったのですが、このブラームス1番は難しい、、、
本当に、なんというか奇妙な曲調で、しかも転調がおおい、、
♭(フラット)や♯(シャープ)がたくさんならんでいたり、突然♭から♯の多いものに変わったり、、、

まあ、音の取れないことといったらありません。。
一つ一つの音をよく取れないのに、どんどん曲は進んでいくという、けっこうな窮地に追い込まれているのです。

6月までこの窮地は続くのだとおもいますが、、
それでも出演すると決めた以上、頑張ろうと思います。
こわい、、1つ1つ拾っていくことが、長い長い自分との闘いになるんだと思います。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.