日常

核家族のお母さん

投稿日:

esudroff / Pixabay

産休明けの女性は本当に大変だと思います。
特に核家族で生活しているお母さんの大変さは、経験した人でない限りわからないと思います。

今の職場にも、産後1年で復帰された方がいます。
その方とは先週初めてあって、大変だという話をしたばかりの方。

今日夜遅く、見覚えのない番号から電話がかかってきました。
誰だろうとおもってでてみると、その復帰された方からでした。

まあ、予想はつくのですが、子供さんが熱を出して、明日の朝の一番の出勤は厳しいので、交代してほしいとの電話でした。

その方も私と同じ核家族。
私も子供が熱を出すと、速攻でその日はお休みをしていました。
だから、もちろん正社員としては働くことを選びませんでした。

でもその方は社員さんで復帰したばかり、どうにも頼るところがなくて1度しかあったことのない私に連絡をしてきたのだと思います。

子どもが小さなときは本当に病気をして、仕事に行くことができなくなることがたくさんあります。
ましてや頼るところがなければなおさらです。

昔の自分と重なってしまい、思わず仕事を交代してあげました。
まだまだ今からが本当に大変だと思うし、これから2人目が欲しいとも言っていたから、お母さんの苦労は続きます。
でもそれにも代えられるかわいいわが子がいれば、頑張っていけるというのも本当です。

こんなことで思わず役に立てることが、少しうれしくなりました。
私ももう母親ではなくて、おばあちゃんの気持ちになりつつあります。

 

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.