日常

自分のものになってきた。

投稿日:

sarab123 / Pixabay

弓の持ち方がいつまでたってもうまくなれなくて、音も定まらないでいたところ、久しぶりに行ったレッスンで、強制的に直してもらいました。
それぞれの指にものすごく役割があって、そして力の入れ方もそれぞれ違うので、年を取った、凝り固まった私の指はなかなかいう事を聞いてくれません。

でも、1時間ああだこうだ、試行錯誤して、先生もどういったら私に伝わるのか、すごく考えていました。

特に小指と手首をそらせて近づける。という動作は生まれてやったことがありません。
まず手首の筋がすごく痛くなるし、小指の指元がすごく痛い、、、
何となくわかったようなわからないような感じで、家に帰り毎日すこしずつ練習して1か月、本日すごく褒めてもらいました。

もう少し力が抜けるといい。とは言われましたが、すごく改善されていた、、といわれて頑張った甲斐がありました。

右手の弓の持ち方がだんだんいい感じになってくると、弓が正しく動くようになるので、音に安定感が出てきました。
おかげで、音がぶれるということが少しだけすくなってきたような気がします。

でも本日、またまた多大なる課題が、、
今度は左手、そしてビオラの持ち方。
今本的に基本が身についていないので、修正は本当に難しいです。

でもでも右手に関しては、1か月で完成しつつあるのでよかった。
やっと自分の体の一部がきちんと動いている。自分のものになったという感じがしています!

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.