日常

寒い

更新日:

今日はセンター試験。

私たちのころは、共通一次と言っていた。

30年ほど前から、何度か呼び方が変わっているみたいだが、

どうしても共通一次と言ってします。

これで、歳がばれてしまうのがおもしろい。

でもって、本日、長男、2回目のセンター試験。

今年で、この受験も終わりにしてほしい。

どうなることか。

去年の今ごろ、不本意な成績で、センターを終え、

不本意ながら2次試験に臨み、

不本意な顔をして帰ってきた。

その時、息子が選択を誤ているのではないかと問うてみた。

全くその通り。

自分がなりたいものは、こっちではないと。

2次試験をあと1校残して、浪人することを決めて、もう1年。

彼は今日、どのような成果を出しているのだろうか?

改めていろいろと聞くのも野暮だろうと、

いつも通り接してはいるが、春には楽しい時間が訪れるのか、気にかかる。

昨日、ちょっと息子を注意した。

夕食を終えた息子は、イライラしたんだろう。

一人用土鍋を、流しに投げ入れ、割っていた。

Shelvvvvvvy / Pixabay

浪人だとか受験生だとかで、はれ物に触るように接してもらえると思ったら大間違い。

世間には、自ら働きながら、受験に挑む若者もいる。

家事を担っている受験生だっている。

たかが、意思疎通の難しい、宇宙人に、自分の大事な進学の話を自ら行えと言われただけで、

イライラされるのがわからない。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.