日常

何もなくても化粧する

更新日:

Unsplash / Pixabay

今日は連休最終日。

春分の日なのに、雨だね。

去年の今頃は、息子二人が受験に失敗して、

自暴自棄になってた次男のことを思うと涙が出る思いが、

何日も続いていたな。

facebookで、過去の出来事上がってきて、

次男の行く末を心配して、家族同様の友達家族を伴って、

サイクリングに行ったことを思い出した。

あの時の後姿。

あの時の夫の涙。

友達のエール。

おかげで、今、次男は、自分は初めからここを求めて来たんだって、

思わせるような高校生活を送っている。

不本意で仕方なく、自分の不甲斐なさに腹が立ち、

周りの心配する顔が痛い。

そういうあの時の息子は、今、どこにもいない。

のど元過ぎれば熱さ忘れる。

よくいったもんだ。

春は身辺に変化が起こる季節。

本当に、そう思う。

春は一番好きな季節。

空を見るだけで元気になる。

本当に、そう思う。

 

雨模様の今日、特別、用事もないが、

朝から化粧をしていた。

夫は娘の追っかけに出る。

居残りのはずの妻がせっせと化粧をしている。

何かあるのか?不思議で仕方なかったんだろう。

どこか行くの?

特別、何もないけど。

そういって化粧をする女の心理。

男は分からないんだろうな。

男がスーツを着て、ネクタイを締めるときのように、

女は化粧をすると気合が入る。

ただ、それだけね。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.