日常

振り向けばひとり

更新日:

今月2回目の韓国旅行に行っている長女を迎えに空港へ。

19時ということなので、中学生の末っ子の部活終わりに一緒に向かった。

今日、会ったこといろいろとしゃべり続けながら道中を進む。

私はあまり子供の話を聞かない。

4人もいたら、家事をこなすだけで、

時間はなくなってしまう。

子どもたちは小さい時から、いろいろと伝えたいことがあったと思うけれど

話しても話しても、適当にあしらう母に

あまり話さなくなった気がする。

それでも、子供たちはいつもそばにいる。

もともと、口数が少ない子供たちではあったんだから、

ちゃんと聞いてあげるべきだったと

育児がひと段落してきた、今、とても思う。

なんでも後の祭りで、なんでも経験。

こういう経験を踏まえ、子供たちが親になって言ったとき

賢いアドバイスが出来ればいいのだけど。

で、この先人のアドバイスを、嫌がらず、素直に聞き入れることの

出来る大人になってくれればいいけれど。

人のふり見て我がふり直す。

私が常に思うこと。

そういう気持ちで生きて行っているにも関わらず、

自分のすべきことに没頭し続けた23年だったのかも。

と、車の後部座席に乗っていた末っ子に、

二人きりだからといろいろと話しながら進んでいたはずなのに、

振り返ると、彼女は大いびきで寝てしまっていた。

 

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.