日常

左手も結構難あり。

投稿日:

IMG_7802: Jenny of E Muzeki

ビオラの練習で右肘を痛めて、そろそろ回復しそうな感じです。

久しぶりにオケの練習に行った時のこと、同じように大人になってから始めた人から、、
「そのうち左手も痛めるから、今のうちに持ち方を変えたほうがいい!」と言われました。

確かに左手もぎこちないとはおもっていたし、このままだと上達するのか?と思うような指裁きで、
自分でもちょっと不安だったのdすが。

その大人になってビオラを始めた人も右ひじの後、左手を痛めてしまい、かなりの年数治療にかかったそうなんです。
だから、私がたどっている道が手に取るようにわかる。と、、、

けっこうへこみました。
せっかく右手が良くなりつつあるところ、、

やはりビオラビオラの先生に習うべきなのかもしれません。

私のバイオリンの先生は若くてきれいで、小さなころからずっとバイオリンをやっていて、手もあまり痛めたことのない生粋のバイオリニストなんです。

だから大人になってはじめたのが、ビオラの私に指導ができるのか?とも言われました。

でも今の私には物理的に、新しい先生を新しい場所で探して、習いに行く時間がないのです。

途方に暮れてしまって、本当にその日はぼんやりしてしまいました。

でも、せっかく生きがいといえるくらいのビオラをあきらめたくなくて、その日から我流で左手の持ち方の研究をしています。

もちろんバイオリンの先生にもお手つだいしてもらって、なんとか自分の楽な姿勢を見つけようとおもっています。

途中、気がめいり気分が悪くなることがあります。
でも始めた当初は音を出すことも構えることもなかなかできなくて、気分が悪くなることだってあったのだから、なんとかなるはず!だと信じてコツコツ姿勢の改善をしていきたいと思います。

 

 

 

 

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.