日常

蜂の巣の場所

更新日:

Paper Wasp (Polistes major)

先日、実家に戻りお盆のお掃除をしていたところ、大きな蜂の巣を見つけました。
その場所は父親が毎日洗濯物を干して、ついでに一休みをするための椅子がすぐそばにおいてあったりと家族がいつも使っている場所なんです。

掃除のついでに父たちの洗濯物を干しているときにふと下を見ると、完全に足長蜂と目が合ってしまったのです。
これは本当。
ほんのわずかな時間でしたが、目が合ってしまい動けませんでした。
蜂のほうも「みつかった?!」という感じでした。(笑)

そしてその巣の大きさは私がリアルで見た中では一番大きかったような気がします。
直径は15センチくらいはあったような、、、
その巣の中にもたくさんの蜂や、幼虫が詰まっていて、寒気けと危機感を感じながらゆっくり巣からはなれたのです。

ちょうど兄がかえってきて、その巣のことをはなすと、どこからか、蜂の巣の退治用のスプレーを持ってきていました。
近くに行ったら危ないよ!!と言いながら、私は安全な場所へ移動して、その様子をうかがうことに、、、
兄は一撃で蜂の巣へ退治用のスプレーをかけました。
びっくりしたのは、蜂が反撃してこなかったことです。
それほどスプレーの効果があったのだと感心しました。

しばらくして、その巣を見に行ってみると、幼虫たちも苦しんでほとんどが巣から出て死んでいました。
ちょっと気のどくな感じはしましたが、父たちが刺されては困るので、、、

兄は後で「今年は台風がたくさんくる!!」と言っていました。
???何だろうと思っていると、蜂が巣を低い場所に作るとその年は台風がたくさん来るんだそうです。
このことを「観天望気(かんてんぼうき)」というそうです。
自然現象や生物の行動の様子などから天気を予想することなんだそうです。
今みたいに調べればすぐに情報が得られなかった時代だけに、環境の変化などから予想した、昔の人の知恵ってすごいです。

確かに今年は台風が多い。
特に北部九州に上陸の台風がやたら多い気がします。
蜂も避難の意味で低い場所に巣を作ったのでしょうが、台風にやられる前にその家主にやられてしまいました、、、

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.