日常

映画「羊と鋼の森」

更新日:

Piano

話題作・映画「羊と鋼も森」を見ました。
いつものように娘と最終の上映時間で、、、人もまばらなので、のんびりできます。
この映画のスクリーンも私たち親子を含め3人という、これで成り立つのか?と心配になるほど少ないお客さんでしたが、、

音楽・今回はピアノの調律師の成長を題材にした映画でした。
わたしたちは無駄に音楽の知識が若干あったり、感性ということが少しわかるので、こういう題材を映画にするのは難しいなと話しました。

映画はとてもきれいな映像だったし、新米調律師役の山埼賢人のピュアな感じもきちんと描かれていました。
ただ、これは観る人の想像の中でえがけばいいかな?というシーンがちょっと白々しさを出していて興ざめした感じでした。

でも配役はとても説得力のある俳優さんたちで固めていて、全体的にはしっとりとまとまっていたように感じます。
何より一番良かったのは、辻井伸行さんが弾いているピアノに感動しました。

辻井さんのピアノには説得力があります。
森の中で自分も木々や葉や風の音などをきいていくような気分になります。
私は辻井さんのピアノはすごく好きで、すぐに彼のピアノの世界に引き込まれてしまいます。
透明感がすごくて、あんな素敵な演奏をする人はなかなかいないかもと思います。
ということで、内容はまあまあおもしろく、演奏は非常に素晴らしいものだったな。とも映画でした。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.