日常

配偶者の介護

更新日:

Grandmother

小室哲哉さんが妻のKEIKOさんの介護に疲れた、などの理由により芸能界を引退したことで、配偶者の介護は程度にもよるのでしょうが、一人ではとても解決できる問題ではないという事を、私も最近感じています。

私の両親の話ですが、母が若年性アルツハイマーにより50代初めで病気が発症して、現在は70代半ばですが、一人で生活することは不可能になり、介護にも限界を感じて父親が全型の施設に入所させることを決断しました。
父親も80歳にして、ほぼ一人で母親の面倒を見ていましたが、愛情では消して乗り越えることのできない問題が立ちはだかり今回の入所を決断したのです。
子供のように体重が軽いわけでもなく、大人なので介護も本当に大変の様でした。

私たち夫婦もだんだん年を取ってきます。
最近は特に主人の精神的な変化に少し不安をおぼえつつ、いづれやってくる自分たちの老いについて考えてしまいます。
今は子供も一緒に暮らしているし、問題などないのですが、それぞれの子供たちが独立して私たちだけになった時に、お互いが元気でいるという事がとても大事だと思います。
どちらかが病気や介護の必要な体になった時に、対処ができるかどうか今は自信がありません。
高齢化社会の危機は、自分たちにも当てはまることだと切に感じています。
そのために今からできることを準備しておかないとと改めて思います。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2019 All Rights Reserved.