日常

ビオラとバイオリンと。

投稿日:

RonPorter / Pixabay

2月中旬に老人ホームへの慰問があります。

私は1月にビオラからバイオリンに転向して間もないというのに、この慰問に関してはビオラを弾くことになってしまいました。

ビオラとバイオリンは楽譜自体が違っていて、すでにこんがらがっている状態。

バイオリンに転向してからは、早くバイオリンの楽譜に慣れなければならないとおもい、猛特訓したのです。

当分ビオラを弾くことはないだろうとおもって、、、、

でもなぜか慰問が決まり、バイオリンを弾く人が多くて、もちろんビオラはいないので、では私が、、、、といわざるを得なくなってしまい。。。
慰問はビオラで。ということになりました。

それからは本当に大変です。
50過ぎると頭がなかなか切り替えることができず、、
やっと慣れ始めたバイオリンの楽譜が邪魔をして、ビオラの楽譜が全く読めません。

だから、ちくいち音を書いていき、小学生のような楽譜に変身してしまいました。

それでもなかなかビオラモードに戻らなくて、、、
きっと、ビオラを弾いているときは何となく無理していたのでは?と思ってしまいました。
今はあまりにもバイオリンに親しんでいるからです。

今度の慰問は全部で8曲。
演歌とか洋楽とかいろいろあります。
うちのオケの元団長の編曲がこれまた、やばいくらい難しい、、、
どうして伴奏のビオラにこのような難しいフレーズをつけるのだろうか???

それでも何とか間に合わせたいので、頑張るしかありません。

ああ、、、ビオラがこんなにつらいとは思ってもみませんでした。
バイオリンはすごく楽しい。
はやく、バイオリンだけをする日々に戻りたいです。

-日常

Copyright© 海外移住する野望 , 2020 All Rights Reserved.